草取りと伐採で心身ともに健康な庭木〜庭でヨガを行なうメリット〜

草取りや庭木の伐採が必要な理由

庭を有効的に使うためにも、定期的な手入れが必要です。草取りや庭木の伐採などの手入れを行なわないと、次のような問題が発生してしまうのです。

草取りを怠けたせいで多くの害虫が住み着いてしまった(40代/女性)

いくら草取りをしても、すぐに再生してしまうため面倒くさくなって草取りを放置するようになりました。しばらくは何ともなかったのですが、段々室内にダニのような虫が目立つようになったのです。害虫駆除業者に調査を依頼したところ、庭伝いに虫が侵入していることが分かりました。マダニといった感染源となる害虫が侵入するケースもあるらしいので、今後は草取りを徹底するように努めます。

庭木が生長しすぎて家に影が差すようになった (50代/女性)

足を悪くしてからというもの、庭の手入れができなくなってしまいました。しかし、庭木の成長は留まることを知りません。庭木はあっという間に、大きくなってしまったのです。太陽を庭木が塞いでしまったため、住宅全体に日が当たりづらくなってしまいました。室内に日が入らないため、ジメジメとした環境がしばらく続きました。また、カラスといった鳥が止まるようになったためベランダに洗濯物も干せず、生活の至る所に支障が生じたのです。

雑草が邪魔で育てている花が生長しない (30代/女性)

庭付き一軒家を購入してから、念願だったガーデニングを始めるようになりました。最初のうちは草取りをコンスタントに行なっていたのですが、家事との両立が難しくなり草取りを放置するようになったのです。そのため、せっかく植えた植物が雑草によって日差しを遮断されて、数日後に枯れてしまいました。後に調べてみると、土中の栄養分も雑草が吸収してしまうことが分かり、ガーデニングにおける草取りの重要性を痛感することになりました。

台風のせいで木が倒れてきた (40代/男性)

伸びきった庭木を伐採せずに放置していたのですが、台風時に木が倒れ自動車が下敷きになってしまいました。おかげで自動車を買い替える羽目になり、高額の出費を抱えることになったのです。今回は自動車だけの被害で済みましたが、これが自宅に倒れたと考えると身の毛がよだつ思いです。それからというもの、庭木は定期的に伐採・剪定を依頼するようにしています。

TOPボタン