ヨガができる庭にするために自分で庭木の伐採や草取りを行なう際の注意点

自分でヨガができるよう手入れできるのか?

プロの力を無くしては大掛かりな手入れは困難ですが、簡単な手入れなら自分でも施せます。ここでは自分でヨガができる環境を整えようと思っている方に、事前に知っておきたいポイントを解説します。

自分で手入れを行なう際の注意点


自分で庭木の伐採をすることはできますか?
庭木の伐採は高所作業になるため、個人で行なうにはリスクが大きいでしょう。過去には伐採時に木が倒れる方向を計算に入れずに作業を進めたため、落下したかかり木が電線に引っかかり、大規模な停電を起こしたという事例も報告されています。庭木の伐採は、木の形状や周囲の環境によって適した伐採方法を選ばなければいけないため、個人で行なうのはお勧めできません。
草取りなら自分でもできますか?
草取りは大変な作業ではありますが、自分で簡単に行なえる庭の手入れ方法です。しかし、自分で草取りを行なう際は、天候に十分注意するようにしましょう。特に真夏日といった季節は、草取りにより熱中症にかかってしまう恐れがあります。自分で草取りを行なう際は、こまめに水分補給をとったり、塩分を補給したりと熱中症対策を確実に行なうようにしてください。
ノコギリやチェーンソーがあるので自分で庭木を伐採しても大丈夫ですか?
現在ではホームセンターなどに売っているノコギリやチェーンソーを使用することで、自分でも庭木が伐採できるようになりました。昨今のガーデニングブームによる影響も相まって、自分で庭木を伐採しようと思っている人は多いようです。確かにホームセンターに売っているチェーンソーは初心者にも使いやすい設計がされていますが、力のない子供や女性がむやみやたらに使用すると大怪我を負う危険性があります。特にチェーンソーは「キックバック」という現象が起こる可能性があり、突然チェーンソーが自分に跳ね返ってくる場合があります。キックバック時の跳ね返りの力は非常に強く、力に自信があるという男性でも大怪我を負ったという人は少なくありません。このような事例から、伐採はプロに任せることが勧められます。

専門的な知識と技術が必要となる庭の手入れは、個人で行なうよりもプロに任せた方が良いでしょう。庭を使用する目的が明確なのであれば、プロの専門業者に任せた方が理想的な庭に仕上がります。

TOPボタン