業者に草取りや庭木の伐採を依頼する流れ~ヨガを楽しむ庭づくり~

庭でヨガができるよう業者に依頼

紙幣と電卓

庭の手入れを決意した時に気になるのが、作業の流れや費用でしょう。ここでは費用が作業の流れについて解説いたします。

草取りや庭木の伐採の費用

草取りにかかる費用
草取りは手で雑草を1つ1つむしり取る草むしりと、機械を使用する草刈りに分類されます。草むしりは除草を含めて「1,500円/㎡」、草刈りは「300円/㎡」が費用相場となります。ヨガに適した綺麗な庭を維持するためには、定期的に草刈りを行なうと良いでしょう。作業で発生したゴミは45Lのゴミ袋1袋につき、400円程度で処分が依頼できます。
庭木の伐採にかかる費用
庭木の伐採にかかる費用は、木の高さによって分類されます。3m未満の小さい木であれば、1本2,000円、3~5mの中木であれば1本9,000円、5~7mの高木となると23,000円が費用相場となります。7mを超える庭木の場合は、別途見積もりが必要となるのでご注意ください。木の高さ以外でも、作業時のリスクによって発生する「リスク係数」が別途加算さえるケースがあります。

庭の手入れを行なってもらう流れ

相談して現地調査を行なう

庭の手入れを行なう際は、専門業者に連絡の上で現地調査を依頼しましょう。その際にヨガに適した庭にしたいとの要望を伝えておくことで、最適な手入れプランが提案してもらえるでしょう。大手の専門業者であれば年中無休24時間体制で、電話対応をしているので自身の都合に合わせた依頼が可能となります。

見積もりを出してもらい作業を依頼

現地調査後に手入れにかかる費用の見積もりが出してもらえます。多くの専門業者では見積もりまでを無料で行なっているので、複数社の見積もりを比較して理想的な業者を選択すると良いでしょう。依頼先が決まったら、作業日を調整した後に作業へと移ります。

庭の手入れを行なってから支払い

作業当日は、豊富な経験と技術を持つスタッフが作業を行ないます。立ち会いで作業を見届けることで、細かい箇所の指示ができるでしょう。作業完了後にお支払いとなります。業者によって支払い方法も様々なので、事前に確認するようにしましょう。

TOPボタン